×

CATEGORY

CATEGORY

INFORMATION

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  使い方»  最初のドローンの選び方

最初のドローンの選び方

最初のドローンの選び方

「最近ドローンて言葉をよく耳にするようになったけど、
実際はどのようなものなのかよくわからない。」

とか

「ドローンてテロとかに使われているのをドラマで見て、
ちょっとこわいイメージがする。」

なんてことをよく聞きます。
あとは、

「ドローンて楽しそうだけど、ちょっと高いし、
どうやって始めれば良いかわからない。」

なんてこともよく聞きます。

それではこんなドローン初心者の方へ向けて少しお話させていただきます。

ドローンは航空法で200gより重いか軽いかで分かれています。
200gより重いドローンは航空法対象となり、飛行のさせ方や飛行させる場所に応じて
許可申請をして許可を得る必要がある場合があります。
200gより軽いドローンは、その必要はありません。

そうすると、200gより軽い方が良いじゃないかと思いがちですが、
ドローンを始めるとカメラや機能の違いにより、
やはり200gを超えたドローンが欲しくなるんです。
値段や大きさは伊達じゃないんです。

200gより軽いドローンは価格も1万円前後ですので導入機としてオススメです。
軽量なため、屋外というより屋内での飛行に向いているかもしれません。
基本的にはカメラもついていますので、撮影もしてみることはできますが、
価格も価格なので、あまり高画質なカメラではありません。
感覚をつかむ程度です。
またこの導入機クラスのものであまり安価なものは、
飛ばすことが極端に難しかったり、
日本で飛ばしてよいという検査を通していないものもありますので、
1万円前後のものが良いと思います。
この導入機である程度練習というか慣れてから、
実際のドローン(200g以上)を購入するのが良いでしょう。
弊社で販売しているSolisteAH(ソリスト・エーエイチ)は本当にオススメです。

導入機より少し大きい機体を購入してみる際には、
まずどんなことがしたいのかをよく考えて、
弊社のように相談できるところで購入するのがオススメです。
高価なドローンの方がスペックは高いですが、
無駄な機能という可能性もあります。

また、国交省への許可申請で悩まれた場合には、
弊社は許可申請の代行申請も行っておりますので、
お気軽にご相談下さい。
価格は平均的なもので2万5千円(内容により応相談)程度です。

機体と許可がそろったらいざフライトですが、
かなりの熟練者は、機体も複数もっていますし、
予備のバッテリーも複数持っています。
プロペラも予備が1組は欲しいですね。

とにかくプロユースまで使える高性能なものや
折りたたんで山登りやハイキングに向いているものもあります。
各々の良い点、悪い点もあります。

2018-03-07 14:17:45

使い方   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

CONTACT US

TEL:027-329-6482

営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日、年末年始・盆休み有

メールでお問い合わせ