×

CATEGORY

CATEGORY

INFORMATION

CONTENTS

HOME»  一定金額以上の購入で「Phantom4 PRO V2.0」などを送料無料でお届け!~ドローンを飛ばす際に気をつけたい航空法~

一定金額以上の購入で「Phantom4 PRO V2.0」などを送料無料でお届け!~ドローンを飛ばす際に気をつけたい航空法~

「Phantom4 PRO V2.0」などをお探しなら一定金額以上の購入で送料無料の【エアロイノベーション】へ

ドローン専門店【エアロイノベーション】では、日本・海外製のドローンを販売しております。Phantom4やMAVIC、SPARKなどの人気シリーズをご用意しているため、お気に入りのドローンをお探しいただけます。Phantom4 PROが進化を遂げた、Phantom4 PRO V2.0も取り扱い中です。

ドローンを用いて感動するような映像を撮影したいとお考えの際は、【エアロイノベーション】がご提供する商品をぜひご覧ください。商品を一定金額以上ご購入いただくと、送料無料でのお届けが可能です。

航空法とは?

航空法とは?

航空法に違反しなければドローンを飛ばすことは可能です。ただ、航空法で飛ばしてはいけないエリアや飛行許可が必要な地域もあるため、事前に情報を確認する必要があります。

航空法とは、国土交通省が管理する法律です。主に、航空機の離着陸、安全、障害の防止を図ることなどを目的とした内容となっています。飛行機はもちろん、ドローンを飛ばす際にもこの航空法を意識しなくてはいけません。

そこまでハードルが高いものではなく、一般常識に基づいた内容となっています。主に、日中の飛行、目視の範囲内、30m以内の飛行を確保することなどが義務付けられています。そして、禁止事項として、催し場所での飛行禁止、危険物輸送の禁止、物件投下の禁止などがあります。

これらに違反すると罰金などの刑罰が科せられるため、注意が必要です。

許可を取れば飛行が可能な場所もある

許可を取れば飛行が可能な場所もある

ケースによっては、ドローンの飛行が可能な場所・条件もあります。例えば人家が集中する地域はドローンの飛行が原則禁止ですが、国土交通省の許可を得ると撮影も可能です。具体的な申請方法は国土交通省に問い合わせて確認できます。

ドローン専門店の【エアロイノベーション】では、Phantom4などの販売だけでなく、国土交通省への許可申請の代行も承っております。複雑で手間がかかる手続きを行政書士が代行いたしますので、お気軽にご利用ください。

「Phantom4 PRO V2.0」を取り扱う【エアロイノベーション】

会社名 株式会社 エアロイノベーション
運営責任者 古屋 誠一
住所 〒370-0864 群馬県高崎市石原町1065-1
電話番号 027-329-6482
FAX番号 027-329-6252
メールアドレス info@aero-i.co.jp
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝日、年末年始・盆休み有
URL http://www.aero-i.co.jp/

CONTACT US

TEL:027-329-6482

営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日、年末年始・盆休み有

メールでお問い合わせ